はぎぃのゲーム日記

アクセスカウンタ

zoom RSS よくわかるコンバットコマンダー そのいち 基本編

<<   作成日時 : 2008/04/18 01:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

コンバットコマンダー(GMT)は、とてもいいゲームなのですが、カードドリブンシステムを使っているためちょっと一口では説明しきれない所があります。そこで、簡単な解説をしてみようかなと。

ゲームの印象はアップフロント(AH)とアンブッシュ(VG)を足して2で割った感じと言えば間違いはないと思います。

アップフロントと言ったことで、予想がつく人がいるかもしれませんが、このゲーム、カードを使います。
一口でカードを使うといってもいろいろありますが、あらゆる場面でカードを使います。具体的には、
・ユニットが行動するときには、適切な命令(Order)カードもしくはアクション(Action)カードをプレイします。
・行動の結果を判定するときには、カードをめくってそこに書かれたダイス目を参照します。
・ダイス目に特殊な指示が書かれていた場合、次のカードをめくって、その指示に従います。
逆に言うと、カードが無いと何もできなかったりするので、カードの上手な運用がゲームの鍵を握るといってもいいでしょう。

画像


上の写真はカードの一例です。
カードの機能を解説すると、

まず、一番上の命令(ORDER)欄
これは、指揮官もしくは分隊に対して使用します。
自分のターンに、プレイヤーはシナリオによって決められた数までの命令を自分の分隊もしくは指揮官に対して下すことができます。それで、命令を行なうために手札からカードをプレイするわけです。必要な場面で必要な命令がなくて涙を流すことがよくあるので、有用な命令は計画的に使う必要があります。

次に、写真の下のアクション(ACTION)欄
これは、相手プレイヤーの行動に対応したり、自分の行動を有利に修正するために使用します。
アクション欄には条件が書かれているので、それを満たしたユニットがその行動を行なうことができます。割と有用なアクションは有用な命令カードに書かれていたりするので、どちらを使うのか悩ましいところです。

その下にあるのがイベント(EVENT)欄
ダイスを振るためにカードをめくったとき、そのダイス目にEventと書かれていた場合、次のカードをめくってそのイベント欄に書かれたイベントが発生します。いいことも悪いことも書かれているので、割とドキドキします。

一番下の左側に書かれているのがランダムヘクス。イベントなどでランダムヘクスを参照するように書かれていたら、次のカードをめくってそこに書かれたランダムヘクスでそのイベントなどが発生したことになります。

一番下の中央に書かれたのが、カードの軍とID番号です。説明し忘れていましたが、各プレイヤーは72枚からなる自分の軍のデッキをもってゲームを始めます。軍ごとにデッキの構成に特徴があって、研究するとおもしろいかも(w

一番下の右に書かれているのがダイス目です。
ダイスを振るように指示されたら、カードをめくって、そのダイス目を参照します。ここには、Event、Sniper、Time、Jammedなどの文字が書かれている場合があります。Eventと書かれていたら、次のカードをめくって、そこに書かれたイベントが発生します。Sniperと書かれていた場合、次のカードをめくって、そのランダムヘクスか、その隣接へクスにいるユニットが1つ混乱します。Timeと書かれていた場合、ターンが1つ進みます。Jammedと書かれていた場合、それが射撃のためのダイスで、武器もしくは兵器を使用していた場合、その武器や兵器がすべて故障します。

カードに関してはこんな感じ。あらゆる行動がカードに依存していることがわかると思います。

とりあえず、今回はこんな感じ。次回は近いうちに公開しようと思います。
↑ビール飲んじゃったから眠いのです(w

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
よくわかるコンバットコマンダー そのいち 基本編 はぎぃのゲーム日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる